サウンドフェスタ2012 in大阪

いつもご覧頂きありがとう御座います。 6月の台風到来と大雨洪水で、最近の気候は

どうなっているのだと非常に気になります。 目に見えない力が働いているのか、それとも

魔空空間に引きずり込まれるのか。

 

さて、先日お取引頂いておりますお客様よりご招待を頂き、大阪国際会議場”グランキューブ”で

開催しました”サウンドフェスタ2012”に行って参りました。  メインは業界の方の音響機器展

ですが、普段目にしないミキサーやアンプ、大型スピーカーなど実演展示、一般向けの製品

など試聴も出来、いじくり、愛でて、撫で回すなどが出来る展示会です。

今回私は初めて行きましたが、恐らく終始”にやけて”いたと思います。

まずは入っていきなりミキサーから。 今やタッチパネルが主流の様子で

ピッとして、ぐにゅ~と出来ます。 でも微妙なタッチはやはりマニュアルに限る。

小型スピーカーもあり、ヘッドフォンアンプが非常に気になりました。

かなり小型でデザインも良く、ネットでポチッと行きそうです。

各メーカーの音響機器です。 イベントや会場などで見かける装置が多く、かなり若い方の

来訪が多い様です。

 

ネットワークオーディオやレコーディング施設、ワイヤレス系など最近の環境は凄い進化

している感じをしており、昔のごっつい配線等は無縁に近くなってきている様相です。

殆どのブースではPCとの連携でミキシングやサンプラー、照明の制御まで全てこなし、

こちらも昔ごちゃごちゃのスイッチが、画面一つでで切り替える制御となっています。

併設している多目的ホールでは、10数社による大型スピーカーの展示&試聴会が行われて

おりました。  良く目にするコンサートホールや公民館、演劇場で使用されるスピーカー

です。

各社共通音源、生バンド演奏、各社推奨音源など1社20分程度のデモンストレーションですが

あっという間に時間が過ぎ去ります。 一種至福の時間という奴でしょうか。  実は後方に沢山

の方々座っておられます。  近すぎても良さが判りませんし、何せ音量がすさまじいです。

100%の本領発揮はホールが小さいので出来ないようですが、なんせ出力が4000Wの

アンプ数段とか、ウーハー3000W等、一般とはかけ離れた物が普通に設置しております。

多分一般で使うと、簡単に家が倒壊する迫力で御座います。 ただ、消費電力は小さい

様です。

 

なかなか各社の聞き比べという物は滅多に聞けませんが、でも一般オーディオと一緒で、色々な

味付けや、音色、用途でメーカー毎に面白いほど違いが出ているのが感じ取れます。

その中で、ドイツの音響メーカーのスピーカーは非常に良く、低音は凄く響いているのですが

うるさくなく、高音もキンキンではないのにしっかりと鳴ってているのには鳥肌もので、

女性MCの声も非常に艶っぽく、他のメーカーが色あせる程の性能だと感じました。

日本でも超有名なスピーカーメーカもありましたら、うるさすぎて非常に苦痛な鳴り方をして

おり、色々な違いを奏でております。 しかし、あれだけ大音量でも音が潰れないのは凄い。

ここで師匠の”白虎野の娘”が聞けたら、涙ウルウルだと一人勝手に思い更けておりました。

別の階では即売会をしておりましたが、お目当ての物は既に売り切れとなっておりました。

しかし、業界通ではない私が見たところで分からないものも多数ありましたが、”超大特価!

他では絶対買えませんよ!”と言われても、使用用途が判らない私には無用で御座います。

でも、ケーブルやコネクターは異様にお値打ちで御座いました。 BNCが200円って・・・

また機会が有れば、見に行きたいフェアです。 因みに来年の開催は2013年6月19日

20日とのことです。

 

今回写真が多いのは、先方様のご報告も兼ねております故。

 

最後までお読み頂きありがとう御座います。

 

 

 

 

関連記事

  1. 懐かしの名器を修理 SC-55mkⅡ 他

  2. 本末転倒 バックアップHDDの昇天

  3. 中秋の名月・満月

  4. 2011国際ロボット展

  5. 温故知新

  6. ありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 2010.06.19

    記録と証拠

制作実績一覧

LED創作工房