機能豊富な多機能電話と単機能の電話

いつもご覧頂きありがとう御座います。

 

春の嵐、砂嵐、黄砂、得体の知れない物質が風と共にやってきた弥生3月ももう終わり。

暑い日と寒い日が入り乱れて居る今日この頃で御座います。

 

先日いつも使っております我が携帯電話ですが、バッテリーの消耗が激しく、修理依頼をする事に

しました。 俗に言う”ガラケー”と呼ばれる物です。 知らない人から見ると”おっスマホやん”

と言われることもしばしば御座いますが、私個人的には”似非スマホ”の認識で御座います。

IMG_6619

まぁ今までのメニューが単にボタンからタッチ操作になっただけで、固定の機能で固定の操作

しか出来ませんし、スライドやページめくりなんて”人間工学無視したボタンの小ささと

遅さが色々と愛嬌を出しております。 一番の売りはキーボードが付いているからメールが

楽な位です。 ただFOMA網なので会社用と個人用と番号2個を1台で使用出来る点は宜しいかと

思います。

IMG_6618

 

さて、元々携帯電話を所持したのは20年近く前ですが、現在はKDDIに吸収されたツーカーホン

関西というキャリアでした。 確かPⅡという機種だったかと記憶しています。 機能としては

今では当たり前のようにあるメールも機能としては一切ありませんでした。 文字も英数カナ文字

のみ。 それでも特に不自由なく使っていたと思います。 現物はありませんが、カタログが

いつもの押し入れに幾つかございました。

IMG_6621

IMG_6622

当時ハリソンフォードやジャネットジャクソン、若い南野陽子など豪華絢爛ぶりです。

ほか、関西デジタルホン、Docomoとございました。(セルラーが無いのは興味が無かったかと)

当時は携帯電話保証料として10万円を徴収されていたわけですね・・・ 定価も10万

超えだったわけですが、たしか100円で購入したかと。IMG_6623

写真は押し入れから掘り起こししました三洋の携帯電話です。 三洋電機も当時は色々と

がんばっていたと非常に感心いたします。 ただデザインセンスは皆無ですが。

何故三洋製が手元にあるかは記憶にございません。 経年劣化で液晶も洩れています。

 

 

当時は電話機能のみだった訳ですが、その後メールが送信できるプロトコル(スカイウォーカーやiモード)

の開発など、現在の携帯機能の原型が出来たのですが、やはり設備投資やサポートなどは莫大な

費用が掛かったと想像いたします。 残念ながら、その数年後ツーカーホンはKDDI(当時関西セルラー)

に吸収されました。 (この辺りの歴史は結構ややこしい内容でございます。)

 

 

またもう1社有ったキャリア”関西デジタルホン”も”J-フォン”から”ボーダフォン”となり現在の

”白犬さんの携帯販売会社”に買収となった訳です。(ここの歴史はもっとややこしい内容だそうで。)

IMG_6624

幾つか機種変更を重ねて大人の事情と当時は”折りたたみ携帯電話”の爆発的な人気で、今の

キャリアに乗り換えましたが、今の携帯電話から見るとさすがに貧弱に見えます。 それだけ

技術革新が進んだものと思います。 なんせドット画面の白黒のみ。 カラーなんて数年後の

登場で御座いますし、しかもでかい。 良くアンテナにLEDで光る奴や、画面にシールを

埋め込んで今で言う”壁紙”なので遊んだ方も多いと思います。

412e80dd-s

更にその昔、Docomoが未だNTTの時代に肩掛け式の電話を開発し”自動車電話”としても一斉を

風靡した電話が御座います。

IMG_6626

何故か押し入れにもショルダーホンの”101型受話器”だけがあります。 ボタンは電話

機能のみで、今の携帯のごちゃごちゃしたなどは一切ありません。 大会社の社長とか

成金のステータスというイメージを当時持っておりました。

(その前にポケベルブームがありましたが・・・関西テレメッセージとか)

IMG_6625

それが、20年そこそこで、ほぼ国民全員が所持してしかも電話本来の通話をせずにデータ通信で

遊んでいるというのは想像できたかなと思う次第です。 今は電車に乗って辺り見渡しても半数は

携帯でゲームしているか音楽を聴いている人を多く見受けます。

 

今のスマートフォンはiPhoneからブームが始まり、現在Androidとほぼ二分する勢いとなっております。

まぁ単にOSの話ですが、日本の携帯も殆ど海外のOS、海外のCPUに席巻された状態です。

スマホが登場する以前はご存じの通り”ガラパゴス携帯”状態だったわけです。

 

ガラケーの当時もメーカー独自OSやCPUの開発で、相当投資や開発力も凄まじい競争で有ったと

思います。 良く”携帯電話のソフト開発に入るとタヒぬ”と言われるぐらい過酷であったと

知り合いのエンジニアから伺いました。 今は電話機能も基本”アプリケーション”なので、

非常に楽になった?と思います。 その分色々と敷居が低くなり色々と参入できた要員とも

思います。

IMG_6620

さて私の携帯も修理から戻ってきて・・・と言うより、本体交換だそうです。 電池の持ちは良く

なりましたが、原因は判らずともやはり何かが変わったようです。 あと・・・何故か別の電話が

増えております。 SO-02E Xperia Zです。 所謂衝動という奴でしょうか。(浮気しました 汗)

ただ残念ながら当事務所はXiはエリア外でございますので、通信速度云々ネタは圏外です。

使い勝手は・・・慣れると昔の携帯が非常にもっさりと感じます。  やはり音楽が強いメーカー

ですので、音質は優れていると思います。 BluetoothでWM600で聞いても素晴らしいです。

 

IMG_6617

 

会話オンリーの機能から、自動改札やらGPSやら音質計測やら・・・いやぁほんと技術の

進歩は凄いですね。

最後までお読み頂きありがとう御座います。

関連記事

  1. 消耗品なハードディスクドライブ。

  2. 温故知新

  3. 迷うこと間違いなし オーディオオペアンプ 規格表

  4. 野獣と人との終わりなき熾烈な戦い?  獣害対策フォーラム in伊勢

  5. PicKit2と16F88のあれやこれ備忘録的

  6. メガバンクの次はメガソーラー 価格は幾ら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 2010.06.19

    記録と証拠

制作実績一覧

LED創作工房