本末転倒 バックアップHDDの昇天

いつもご覧頂きありがとう御座います。

 

さて、大切なものにはコピーとかバックハップが万が一の備えに対して如何に重要かご承知の

ことと思います。  特に皆さんが使用しているパソコンですと、あんなデータやこんな画像

などハードディスクの肥やし的データが突然失われると考えるとそれは恐ろしいものです。

 

ただ人間誰しも”今のところ大丈夫”とか”今度しよう”という慢心が色々と災難への

序曲になっていることは言うまでもありません。 但し天変地異は別として・・・

私の方も、会社とプライベートと全て別々のハードディスクを用いて、オリジナル、バックアップと

計5台のハードディスクで管理しております。 NASも運用しており、某メーカー品で購入して5年

立ちますが未だ動いております。 機種が古くそろそろ寿命かなと危惧しております。

IMG_6757

 

これだけしつこくするには、長年のHDDに対する信頼性云々など疑義として見ているからです。

昔ICMというメーカーがありましたが、動作中にヘッドが吹っ飛んでその衝撃でディスクが木っ端微塵

になったのは驚きました。 当時は熱係数の少ないガラスディスクだったと思います。

 

後は煙を吐いたりとか、カッコン音頭のオンパレード、断末魔の叫びなどなど・・・それこそ何十台と

相手にして参りました。

 

さて、先日いつものようにNASにオリジナル及びバックアップ用HDDへとコピーしておりましたが

どうもバックアップ用HDDのコピーで異様に時間が掛かりすぎで1GBのコピー時間が段々と増えております。

転送レートは10kbps程・・・

IMG_6754

しかも定期的なジコージコージコー、カッカッカッの繰り返し・・・。 経験上この音がすると100%

トラブルです。  因みに、某メーカーのポータブルHDDを今回利用しました。 中身は唯一の日本

メーカー(製造はフィリピン)です。

IMG_6755

別のPCでDiskInfoソフトでチェックを行いますと・・・今度は認識すら出来ません。

WindowsVISTA,7系ではダメな様で、XP機にて何とか認識を行いチェックいたしましたが、

代替え処理済みセクターが1となっております。  こういう数字を見るともうお手上げです。

ただ最期を待つのみ、百数十時間の命でした。 合掌。

 

幾つかのデータは読めるようで、瀕死の状態ですがバックアップHDDといえど一部”このHDDにしかない

データ”もありますので、急遽今までハズレが当たっていないWD製のHDDを購入し、ストレージを開始で

ございます。

IMG_6758

まぁ1日もあればと甘く考えて居りましたら、結局4日掛かりました。 無事データサルベージも終わり

(幾つかのデータは破損)現在は通常のバックアップ作業を行えております。

以前から「HDDは消耗品」と申しておりますが、やはり遭遇するとショックと怒りと哀れが同時にやってくる

気持ちは複雑でございます。 しばらくは何も手を付けたくありません。

動かないHDDもゴロゴロとしております。 何故か同一メーカー。

IMG_6756

皆様も”定期的なバックアップとこまめなディスクチェック”は行って下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

関連記事

  1. 乾電池

  2. ありがとうございます。

  3. 物作りが出来なくなる日本

  4. マイコンで遠隔操縦 通信モジュールを試す

  5. びわ湖環境ビジネスメッセ 2010

  6. 機能豊富な多機能電話と単機能の電話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. noimage

    2010.08.06

    情報
  2. ターンテーブル

制作実績一覧

LED創作工房