予備電源におすすめ? スティックブースター改造

暦の上では既に秋ですが、今年は猛暑&残暑や超局地的豪雨など、変な気象変化が出ている

今日この頃・・・

この更新も非常に久しく、なかなか手につかなかった状況でございます。 もう少し涼しく・・・

 

その間にもこんなUSB-DACデジタルアンプのネタとか(コンデンサーとかアンプの交換やりたい)

IMG_7189

こんな小型5cmフルレンジスピーカのネタもあったのですが、全く遊べていない状況で御座います。

IMG_7190

さて、先日近所の家電量販店Kで物色していましたら、旧三洋電機のエネループスティック

ブースター(KBC-DS2)がワゴンセール。お値段を見ると・・・・500円?? やすっ

単体で購入しても2000円以上はする代物です。 本体のみでもお買い得ですが、エネループ

付きですので、これは見逃せません。 はい、お買い上げ。

IMG_7193

値札は500円ですが、その下の1000円価格でも売れなかった様です。

IMG_7192

 

しかしエネループが2本で500円は非常にお得かと思います。しかも5V電源付き。

(本来は本体におまけで電池と思いますが・・・)

こちらは某京都方面のゲーム機専用充電器ですが、あいにく私は所持しておりませんので

単体の利用価値はほぼないのですが、出力5.2V 450mAはお手軽な実験電源としては

便利な代物になるかと考えました。  本体は当然メイドインジャパンです。

IMG_7194

パッケージの電池はHR-3UTGAで、少し前の1500回繰り返し充電可の製品となります。

(その次はHR-3UTGBで1800回の充電品です。)   因みに写真の電池方向は逆です。

 

コネクターはDS Lite専用ですので早速の生け贄、躊躇無くぶった切ります。

IMG_7195

線は1芯シールド線でしたので、計測すると黄色がプラス側となります。 これに手元にあった

DCプラグを接続します。コネクターを今はやりのmicroUSDにする事も可能ですが、こちらは

また別の機会にでもと思います。

IMG_7197IMG_7199

出力の方は 変動もなく安定してDC5.24Vを出力ております。

IMG_7200

こちらでいつも負荷や電源評価で使用しております電子負荷装置にて計測していると

400mAで約0.25Vドロップが見られますが、約2時間程度出力可能の様です。

計算でも2.4V 1900mAh=4.56wh  → 5.2V 400mAh=2.08wh

 

因みにスティック本体は、500mA以上で安全装置が働いて電源OFFとなります。

IMG_7201

こちらはエネループのコンディションにも依ると思いますが、携帯電源としてはなかなかのもので

あるのと、携帯電話の予備電源にもなるみたいですが、こちらも気が向いたらやってみようかと。

基本”DS2の充電、緊急電源用”なので、当然メーカ保証外ですので念のため。

(そのメーカー自体が”あれ”ですけど)

同じ製品としてUSBスティックブースターもございますので、中身は同じものと思われます。

あっ中身のご開帳はいずれまた。 多分簡単な昇圧回路と思います。

 

さて、以前に鉄道模型の線路センサーをやってみましたが、その後この様な製品を製作いたしました。

ご興味がある方は覗いて下さい。

 

8chリレー式リモートコントロールスイッチ

http://scien.co.jp/wp/actual09.html

IMG_7183

 

手元でスイッチ8個分の操作を、10~40m離れた所で操作出来るものです。 戦車ラジコン

の派生です。 8ch分のデータをやりとりして、遠隔でDC24V 1A迄のものをON/OFF出来ます。

LED電飾や、離れた所の操作もお手軽にできます。 リレー駆動で接続の極性はなく接続出来ます。

IMG_7184

これにより、今までスイッチ操作でスイッチ配線の煩わしさから解放されます。(かも)

因みに、最初で述べましたスティックブースターも、問題なく動作いたします。 約4時間程度

の動作が可能となっております。  ディスプレイモデルの電飾制御としてはいかがですか?

IMG_7202

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

関連記事

  1. 今の音に飽きた方 オーディオオペアンプ交換やってます。

  2. 今はゴミ?かつて時代の先駆者達

  3. ステレオ3極イヤホンをバランス化 4極仕様に改造

  4. 2011国際ロボット展

  5. 消耗品なハードディスクドライブ。

  6. 温故知新

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 2011.02.23

    赤い月

制作実績一覧

LED創作工房